「歯磨き」はもうやめましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インターネットで歯磨きについて調べてみると、様々な情報を得ることができます。

 

例えば「やってはいけない歯磨きのNG習慣」など。興味をそそるタイトルですね。

 

その内容は、

 

歯ブラシを濡らしてから歯磨き粉をつけるのはNG
歯磨き粉は歯ブラシにのせて使うのはNG
食後にすぐ歯を磨くのはNG

 

などなど、さまざまな情報を得ることができます。どれも一般の方にとっては「え?そうなの??」と思うようなことだと思います。これらは確かに一理ある考え方なのかもしれません。

 

しかしこのページでは、そもそも「歯磨き」とは?というところを掘り下げて考えてみたいと思います。今回のタイトルにもしましたが、誤解を恐れずにいうならば、歯磨きはもうやめたほうがよいのです。

正確に言うと、歯磨きで歯垢がキチっと落ちているとは限らないのです。ほとんどの方は歯磨きの時に歯磨き粉をたっぷり歯ブラシに付け、歯磨き粉によりスッキリした感覚を感じて歯垢を落とした気になっているだけで、実際には歯垢がうまく落ちていない方が多いのです。

 

そうなんです。歯磨きの目的は歯垢を落とすことなのです。これが大前提です。

 

「歯磨き」という言葉も、歯磨きの本来の目的から離れてしまうような誤解を与えてしまう表現だと考えています。

 

歯ブラシをする理由は、歯をピカピカに研磨することではありません。
歯垢を歯から擦り落とすことが目的なのです。

 

つまり、歯ブラシをする理由は、歯をピカピカに研磨することではなく、歯の周りで繁殖してくる虫歯や歯周病などの病原菌のかたまり(歯垢)を歯から擦り落とすことが目的なのです。

 

歯磨きという言葉には惑わされてしまいがちです。磨くといったイメージから誤った歯磨きで歯を大きく削ってしまう方も多いのです。

 

「え?歯って硬いよね?本当に削れてしまうの?」

 

このように思うかもしれませんが、残念ながら本当に削れていきます。歯の健全な状態を保つために歯ブラシをかけているのに、逆に歯ブラシで歯を痛めてしまっては本末転倒です。

 

 

 

では、正しい歯ブラシのかけ方はどのようなものなのでしょうか。

 

ここからは、歯磨きという言葉を使わないこととします。【ブラッシング】と呼びます。このブラッシングのお話を始めようとすると、必ず道具のことを最初に聞いてくる方が多いのですが、実は道具よりも、それを使いこなすテクニックの方が大事なのです。

 

道具 < テクニック

 

ブラッシングをする上で、この考え方が非常に重要です。ここからはそのポイントについてお話をしていきます。

ポイント① 基本的に歯磨き粉は必要ない

まずは、歯磨き粉は全く付けないか、最小限に、もしくは数日に一回にします。なぜなら、歯磨き粉の中には研磨剤が含まれているものがあり、これらは歯に沈着したタバコのヤニやお茶の茶渋、食べ物の色素などを落としますが、それと同時に歯も削れていきます。

 

また、歯磨き粉に入っているミントの成分によってスッキリした感覚を味わえるので、全く歯垢が落ちていなくても、落ちた気になってしまうのです。歯垢にはブラシの毛が当たらないと落ちていませんので、気をつけて下さい。

ポイント② 歯ブラシは大きく動かさない

歯垢は、歯ブラシなどの清掃器具を物理的にあてることによって落とします。そのためには、確実に清掃器具が歯垢にあたることが重要なのです。

歯垢を落とすブラッシングには様々なテクニックがありますが、基本的に歯ブラシは大きく動かさない方法をお勧めします。

 

お口の中の状況は個人個人で違います。乳歯から永久歯に替わったり、歯並びも変化します。状況に合わせて歯垢を落としていかなければならないのですが、歯ブラシを大きく動かすと狙いが定まらずに、歯ブラシの毛が歯垢に当たっていなかったり、歯垢の溜まり場である歯と歯の間や、歯にある凹みをブラシの毛が飛び越えてしまったり、死肉を傷つけて歯肉退縮の原因になったりするからです。

ポイント③ デンタルフロスか歯間ブラシを用いる

歯ブラシで届かない部分は、デンタルフロスか歯間ブラシを用いて歯垢を落とします。歯ブラシは歯と歯の間にはブラシの毛が入りません。上手く歯垢が落ちていないとお話すると、さらに力を入れてブラッシングする方が多いのですが、逆に歯ブラシの毛は歯と歯の間を飛び越えてしまいます。

 

ブラシの毛が当たらなければ歯垢は残りますので、歯と歯の間は歯ブラシとは別の清掃器具が必要となります。

 

歯間ブラシとデンタルフロスは歯と歯の間を清掃する専用の器具ですので、効率良く歯ブラシで落とせなかった歯垢を落としてくれます。成長や年齢、歯が抜けたり生えたり、歯並びなどによって歯と歯の間の清掃方法は変わってきますので、自己流ではなく歯科医に適切な指導を受けていただきたいと思います。

 

ただし、

 

歯と歯の間の清掃は必ずしも必要とは限らないのです。

 

歯肉が痩せてきているか、むし歯の個々のリスクによっても判断していきますので、デンタルフロスや歯間ブラシによる歯と歯の間の清掃は、歯科医師の判断を仰ぐことをお勧めします。

 

必要のない人が、さらに誤った方法で清掃をすると、歯と歯の間の歯肉退縮を加速してしまう恐れがあります。

まとめ

人によって歯並びや生活習慣、口腔内のどの程度最近が棲みついているのかなどによって、状態は様々です。したがって、それを踏まえたうえでブラッシングの方法を選択しなければなりません。

 

清掃道具や流行の歯磨き粉を揃えても、歯垢は落ちません。

 

信頼できる歯科医に相談をし、指導を受けられることをお勧めします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。