【適合】むし歯が再発してしまう本当の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

むし歯になってしまったら詰め物か被せ物で歯を治します。詰め物や被せ物をする時に大切なポイントがいくつかあるのですが、中でも最も大切なポイントが3つあります。

例えば、自動車で最も大切な機能といえば、走る、曲がる、止まる、ですよね。当たり前と言えば当たり前くらいに大切なことですが、それと同じくらいに当たり前に大切なことが詰め物や被せ物にもあるのです。

今回のブログではこれらついて3つのポイントをお伝えしていきたいと思います。

ポイント① 詰め物や被せ物がしっかり咬んでいること

歯の最も大切な役割は食べ物を咀嚼することです。しっかりと咬んでいなければ、歯は最も大切な機能を果たせていないということになります。

ポイント② 詰め物や被せ物が隣の歯と接触していること

歯と歯の間に隙間があれば、咀嚼時に食べ物がその隙間に詰まってしまい、むし歯や歯周病、口臭の原因になったり、時には歯と歯の間に挟まったままの食片がそこで腐敗し歯肉に強い痛みを発してきたりすることもあります。

ポイント③ 詰め物や被せ物と歯との繋ぎ目がピッタリ隙間なく合っていること

意外に知られていないのですが、詰め物や被せ物をしたあと、最も歯の持ちに影響するのが詰め物や被せ物の「適合」です。

「適合」とは、詰め物や被せ物と歯と繋ぎ目の「合い具合」のことを言います。実は、この繋ぎ目は、詰め物や被せ物をした歯の「最大」とも言える弱点の場所で、むし歯菌などの細菌が非常に溜まりやすく、詰め物や被せ物をした後、ここから高頻度でむし歯が再発してくるのです。

詰め物や被せ物と、歯との繋ぎ目がピッタリ合っていない状態だと繋ぎ目に溜まる細菌の量が多くなってむし歯が再発しやすくなり、逆に詰め物や被せ物と、歯との繋ぎ目がピッタリと合っていれば、繋ぎ目に溜まるむし歯菌の量は少なくなり、むし歯の繋ぎ目からの再発は最小限になります。

この「繋ぎ目がピッタリ合っていない」とは、詰め物や被せ物と、歯との間に「隙間がある」、「段差がある」状態のことを言います。

詰め物や被せ物と、歯と歯の間に「隙間がある」、「段差がある」状態では、歯ブラシやデンタルフロス、歯科医院でのクリーニングでさえ、繋ぎ目に溜まった細菌を落とすのは難しくむし歯菌が残り続けて、残念ながら繋ぎ目からのむし歯の再発が運命づけられてしまいます。

むし歯の治療を繰り返さないためには

この繋ぎ目からのむし歯の再発を抑えるためには、詰め物や被せ物と、歯との繋ぎ目をピッタリ合わせるしか方法がありません。繋ぎ目がピッタリ合っている精度が高ければ高いほど、繋ぎ目からのむし歯の再発率は下がります。

また、入れられた詰め物や被せ物が歯にピッタリ適合しているかいないかは患者さんには分かりづらく、適合の差の結果は5〜10年後に現れてくることが多いです。再発したむし歯は詰め物や被せ物の下に回り込んで歯の中に広がることが多く、検診でも見つかりにくいので、詰め物や被せ物をした5〜10年後、もう一度その歯を使うことができるかは全く分かりません…。

まとめ

現在、顕微鏡歯科治療という、患部を肉眼の30倍くらいまで拡大視しながら治療する方法があります。治療用顕微鏡により詰め物や被せ物と、歯との繋ぎ目がピッタリ合うように確認しながら治療できるので、むし歯が再発しにくい状態にすることが可能ですが、精度は歯科医師や歯科技工士の技術に大きく影響を受けますので「確実な顕微鏡歯科治療ができる歯科医院」にかかられることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。