むし歯を放置すると起こりうる8つの症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたはむし歯ではありませんか?あるいは、むし歯かもしれないと思っていながら、長い間放置していませんか?

むし歯を放置してしまう理由としてよく挙げられるのは、「歯医者が怖いから」とか「面倒だから」という理由が多いようです。

しかしその結果、むし歯を放置しすぎて顔が膨れ上がってしまうほどの症状になってしまう方もいます。話を聞いてみると、かなり前からむし歯を放置していて、最近痛くなりだしたとのこと。膿のようなものも確認していたようなのですが、見て見ぬ振りをしていたようです。

改めて感じたことは、歯科医としてはむし歯を放置するようなことは危険すぎてありえないことだと、当然ながら認識していますが、一般的にはけっこうな割合でむし歯を放置している方が多いということです。

ですから、今回はむし歯を放置することによって起こりうる症状についてお話をしたいと思います。

むし歯を放置してしまうと

①歯が痛くて咬めなくなる。

むし歯が進行してくると、細菌が歯の神経に感染し、炎症を起こして痛みを引き起こします。歯の神経に感染するまで進行してしまうと、とても痛いので咬むことが困難になってしまいます。

②歯肉が腫れ、場合によっては顔まで腫れてしまう。

むし歯が重症化してしまうと、細菌が歯の神経の通り道である根管を通って、根の先に到達します。そうすると歯根の先が化膿し始めます。根の先にたまった膿は、根の周りの骨を溶かして歯肉の下にたまり、歯肉が腫れます。化膿がさらに広がると、顔が腫れるほどになってしまうこともあります。

③歯並びが悪くなる。

むし歯によって歯が溶けてしまうと、咬み合わせが悪くなったり、隣の歯との接触がなくなってしまいます。そうすると、歯が少しずつ抜け出てきたり、隣の歯が倒れてきたります。一般的にはあまり着目されていませんが、むし歯になるということは、咬み合わせが悪くなりお口の中の状態を少しずつ悪い方向に持って行ってしまうことなのです。

④抜歯しなければいけなくなる。

むし歯が重症化すると、歯肉の高さの下までむし歯が進行します。歯の根を再利用して被せることができないほどむし歯が進行してしまうと、抜歯せざるをえません。

⑤口臭の原因になる。

むし歯の穴に細菌がたまり、食べかすが詰まって腐敗し、これがキツい口臭の原因となります。重症のむし歯になると、歯の神経の通り道である根管から膿が漏れることにより、口臭の元となります。いくらオーラルケアをしていても口臭が改善されない場合は、重度のむし歯がある可能性があります。

⑥偏頭痛や顎関節症を起こす。

これは③でも申し上げましたが、歯並びが悪くなり崩れていくことによって、咬み合う位置がずれて、咀嚼筋や顎関節に障害が起こるようになります。原因不明の偏頭痛はこれが原因であることも多く、また、むし歯が原因の顎関節症も意外に多いのです。

⑦誤嚥性肺炎を起こすこともある。

むし歯があるということは、細菌が根管を通って他の臓器に飛ぶことも考えられるということです。物を食べて噛んでいるときに、食物と混ざって誤嚥した場合、誤嚥性肺炎を起こしやすくなる可能性があります。

⑧様々な臓器で病気を起こす。

これも⑦で述べたことと関連しますが、繰り返しますと、むし歯が重症化すると細菌が根管を通って他の臓器に飛んでしまう恐れがあります。すると、飛んだ先の臓器で疾病が発症することもあるのです。一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、心筋梗塞を起こした心臓の血管から口腔内の細菌が検出されるということもあるのです。これは歯科医師たちの中ではとても有名な話です。

まとめ(むし歯の再発について)

以上のように、むし歯を放置してしまうと起こりうることについて申し上げてきました。あなたはどのように感じましたでしょうか。「自分は大丈夫だろう。」と思うような事柄ばかりだったかもしれませんね。しかしながら、これらはすべて、むし歯を放置してしまうと起こりうることです。

当然ながら、むし歯は上記のような痛みや障害が起こる前に、早期の段階で治療することが重要です。早期の段階でのむし歯治療の話については、あなたも耳がタコになるほどあちこちで耳にしていることでしょう。

しかし、忘れ去られがちなのはむし歯の再発についてです。

むし歯の治療に入った場合には、治療精度の高い、成功率の高い治療が求められます。なぜなら治療した後に、すぐにむし歯が再発しかねないからです。

むし歯の再発は、前述したようなむし歯を放置することによって起こる8つのリスクをさらに高めてしまいます。ですから、できるだけ再発の恐れが低い治療法を選択することも必要だと思います。

精度の高い治療法のひとつとして挙げられるのは顕微鏡歯科治療です。

顕微鏡歯科治療は、大きく患部を拡大することにより高い精度の治療が可能となり、むし歯の再発を減らし、根管治療の成功率を上げ、歯を長持ちさせることができます。

顕微鏡歯科治療についてお話をしている動画です。1:34秒の動画となっています。よかったらご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。