口の乾燥とむし歯の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本人の平均寿命は年々更新されていますね。

そのような状況の中、健康で長生きをするためには、まずは、お口の中をいかに健康に保てるかにかかっていると言っても過言ではありません。

近年、全身の様々な臓器で起こる疾患に、歯周病などのお口の中で起こる疾患が関与していることがわかってきています。

歯を長持ちさせるために、また誤嚥性肺炎など、様々な全身疾患を予防するためにも、むし歯や歯周病の管理、日々の口腔ケアは、ますます重要になってきています。

口の中の乾燥は危険

年齢を重ねるにつれて伴ってくる、お口の乾燥によって発症、また進行しやすくなるむし歯は非常に深刻です。なぜなら、高齢者のむし歯は多発性があり、かつ進行も早く、抜歯に繋がりやすいからです。

むし歯の発症と唾液の分泌

むし歯の発症には、口腔ケアや生活習慣、さらには唾液の分泌が大きく関与してきます。得に唾液は、むし歯菌が出した酸で歯が溶けるのを抑制する働きがあります。

高齢になると体内に蓄えられる水分量が少なくなり、また感覚機能の衰えや、様々な内服薬の副作用により唾液の分泌が減少し、お口の中が乾きやすくなるため、むし歯の発症や進行を抑えにくくなってしまいます。

また、高齢者は歯周病で歯肉が後退し、むし歯菌が出す酸に弱い、歯の根っこが露出していることも多く、さらにむし歯の重症化を早めてしまい、ついには抜歯になる確率を上げてしまいます。

むし歯の発症を抑えるために

むし歯の発症を抑えるためには、歯科医師・歯科衛生士による正確な歯磨き指導と、食生活指導が必要となります。また、一度できてしまったむし歯は、治療後に再発させないことが大切です。

現在では、顕微鏡歯科治療という新しい治療方法があり、むし歯を早期発見し、精度の高い詰め物や被せ物でむし歯の再発を最小限にすることが可能になってきています。

まとめ

80歳で20本以上の歯があれば、食べる楽しみを味わえると言われています。生涯自分の歯で食べられるように、お口の中の健康を保つことが、全身の健康へと繋がっていきます。

まずはご自身のお口の中に関心を持ち、相談できる歯科医院を見つけることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。