口臭の原因は歯石?その除去方法2ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「あの人、息が臭い。」

「あ、いまの私の息、臭いかも。」  

 

誰もがこのような場面に直面したことはあるのではないでしょうか。  

 

江崎グリコが2011年8月に発表した「人との距離感覚に関する意識調査」によると、人との距離が近づいた時に不快に感じることの第1位が口臭(83.3%)でした。  

 

リアルな数字ですね。たかが口臭、されど口臭。改めて自分の口臭ってどんな臭いなんだろうと考えてみるとなんだか怖くなってきます。  

 

臭くても言えない。言えないけど臭い。  

 

口臭が臭いというと、昨日食べたものが影響していたりとか、内臓が悪くなっていると考えがちですが、意外なことが原因になっていることが多いです。  

 

大切な人間関係を壊してしまわないためにも、口臭対策は重要です。

 

口臭を解決するには

清掃不良
バクテリア
歯石

 

あなたがもし口臭で少しでもお悩みだとしたら、その原因は歯石かもしれません。

 

まず、口臭の主な原因はバクテリアなのですが、このバクテリアは歯石の周りで繁殖しやすく、また歯石に阻まれてしまい歯ブラシによる清掃も上手くいきません。

 

清掃が上手くいかなければ口臭の原因であるバクテリアを落とすことができないのです。

 

歯石除去の動画はこちら

2分13秒の動画です。よかったらご覧ください。

 

お口の中を清掃しやすい環境づくり

歯石がついていると清掃が上手くいかずバクテリアの繁殖を抑えることができにくくなります。

 

歯周病も悪化しやすくなり、進行するとさらに口臭の原因となります。 歯石を除去することによってバクテリアそのものを歯ブラシで落としやすくなったり、清掃性が上がることによって歯周病が改善され、その結果口臭を抑えることができます。

 

それではそろそろ本題に入っていきたいと思います。そもそも口臭とは何なのでしょうか。

 

【本題】口臭の原因

口臭の原因は2つの種類に分けることができます。

 

①生理的口臭

②病的口臭

 

生理的口臭とは

食物の影響による生理的口臭

あなたのお口そのままの口の臭いのほかに、食べ物やタバコ、アルコールなどによっても口臭は生じます。これらは食物による生理的口臭です。

 

ニンニクたっぷりのラーメンを食べた後や翌日のことを思い出してみてください。お口の臭い、やっぱり気になりますよね。 ニラレバ定食を食べたあと。美味しいですし精力もつきそうなので、ついつい定食屋さんで注文しますがやっぱりそのあとの臭いが気になります。 ネギやニラやラッキョウなども臭いの強い食べ物ですね。

 

しかし、やっぱりニンニクなどの臭いはなかなかしぶとい。これは腸から吸収された成分が血液中に入り、カラダの中を回り回って肺から息として吐き出されるので、いつまでもしぶとく臭いが残るのです。

 

またお酒を飲みすぎた時も本人には分かりづらいのですが(酔っ払っているし、嗅覚も鈍っています。)口臭が強くなりやすいです。

 

唾液の減少による生理的口臭

口臭の原因のほとんどは、お口の中の環境が悪化したことに起因していますが、唾液の分泌量の低下が要因となっていることも多いです。

 

唾液の分泌量が減ると、口の中の殺菌力が弱まってしまい、雑菌が増えて口臭が発生しやすくなります。

 

病的口臭とは

ちくのう症や扁桃炎
胃炎や胃拡張
慢性気管支炎
その他、糖尿病や肝臓病、腎不全、がん
 

 

さらには、  

 

虫歯
歯周病
 

 

などの病気が原因の口臭があります。そして、こうした病気の中でも最も口臭の原因になりやすいのは、虫歯と歯周病なのです。これらが重度の症状になりますと、口臭も強くなります。

 

口腔内の環境が原因の口臭

前述しましたように、口臭の主な原因は、お口の中に生息するバクテリアです。バクテリアは揮発性の物質(揮発性硫黄化合物)を作り出します。これが臭いの元です。

 

口腔内の環境が原因となる口臭は、以下の3つがあります。  

 

①口腔内の衛生状態が悪い

②重度の虫歯や歯周病

③精度の低い詰め物や被せ物が入っている  

 

これらの3つが原因となっています。

 

口臭を取る方法

①口腔内の衛生状態が悪い場合

口臭を取るためには、まずお口の中を清潔にしてバクテリアを除去することです。歯科医師または歯科衛生士によるブラッシング指導、生活習慣指導により清掃性の向上を図ります。

 

歯石が付いていてブラッシング指導が上手くいかないことも多いので、事前に歯石の除去を行います。

STEP1 歯石の除去
STEP2 ブラッシング指導や生活習慣指導による清掃性の向上

 

②重度の虫歯や歯周病がある場合

重度の虫歯や歯周病がある場合、お口の清掃だけでは口臭の改善を期待するのは難しいです。 重度の歯周病では、バクテリアの毒素によって汚染されている歯周ポケット内の根の表面をできるだけ無毒化していきます。

 

根の表面に付いている歯石を機材を使って除去をします。 場合によっては簡単な手術を行ったり、再生療法を行うこともあります。歯周病の治療が上手くいくと、歯周ポケットが浅くなり、バクテリアが溜まりにくくなり、口臭も改善します。

 

STEP1 歯周ポケット内の歯石を除去
STEP2 歯周病治療がうまくいくと、歯周ポケットが浅くなる
STEP3 バクテリアが溜まりにくくなる
STEP4 口臭が改善する

 

③精度の低い詰め物や被せ物が入っている場合

虫歯の治療は当然ながら、その精度が重要です。その精度はここでは詰め物や被せ物を元の歯にピッタリと合わせることを指します。

 

実はこのことは見逃されがちですが、詰め物や被せ物がピッタリ合っていないと、その繋ぎ目にバクテリアが溜まってしまいます。

 

詰め物や被せ物の繋ぎ目をピッタリ合わせるのは非常に難しく、治療が高倍率であればあるほど精度が上がります。できれば治療用顕微鏡で詰め物や被せ物をしている医院をお勧めします。

 

まとめ

口臭を取るためにまずするべきこと

STEP1:歯石の除去をする

歯周ポケット内の歯根まで歯石の取り残しがないよう、高倍率(できれば治療用顕微鏡)で除去する。

STEP2:正確な歯磨き指導を受ける

磨き残しがないよう、うまく磨けるようになるまで何回でもブラッシング指導を受けられることをお勧めします。歯ブラシや歯間ブラシ、フロスやエンドタフトブラシなど色々な清掃器具を適材適所で使い分け、磨き残しをなくします。

それでも改善されない場合

この場合は、いま入っている詰め物や被せ物の精度が低いことが疑われますので、精度の高いものにしていただく必要があるのかもしれません。

 

詰め物や被せ物の繋ぎ目が合っていないと、どんなに清掃を頑張っても残念ながらその努力が及ばないのです。高倍率下(できれば治療用顕微鏡下)で視認しながら治療することにより、詰め物や被せ物の精度が上がります。 繋ぎ目がピッタリ合えば合うほどバクテリアが溜まりにくくなります。

 

口臭を改善するためには、まずはお口の中の清掃環境を整えるところから始めることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。