歯の詰め物が長持ち コンポジットレジン充填 5つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填とは、むし歯治療の中の一つで、樹脂(プラスチック)を使って詰め物をする方法を言います。樹脂を歯にダイレクトに接着材で詰める方法で、むし歯の治療では非常にポピュラーで且つ、無ければならない治療法となっています。

コンポジットレジン充填 5つのメリット

今回はこのコンポジットレジン充填について、そのメリットを5つご紹介していきたいと思います。

①隙間なくピッタリ詰めることができる

コンポジットレジン充填は、上手く詰めれば、型採りの詰め物や被せ物に比べて、最も隙間なくピッタリと詰めることのできるむし歯の治療方法です。

歯に詰め物や被せ物が入るとむし歯になりにくくなると思われる方が多いかと思いますが、逆にむし歯のリスクが上がる可能性があることをご存知でしょうか。

歯と詰め物との繋ぎ目には、むし歯菌が溜まりやすく、高頻度でむし歯が再発してしまうのです。歯に詰め物が隙間なくピッタリと詰め物ができると、歯との繋ぎ目に溜まるむし歯菌が溜まりにくくなり、むし歯の再発を最小限にできます。

詰め物の精度は術者によって変わりますが、一般的に肉眼よりも拡大鏡、拡大鏡よりも治療用顕微鏡というふうに、拡大倍率が上がれば上がるほど精度も向上し、むし歯が再発しにくい詰め物ができます。

②健全な歯の部分を多く残すことができる

型採りで作る詰め物は、健全な歯の部分を多く削らなければいけないのに対して、コンポジットレジン充填は、ほぼむし歯の部分のみを削除し、健全な歯の部分を多く残すことができます。

但し、健全な歯の部分を多く残そうとすると、お口の中は暗く見えづらいので、健全な部分と一緒にむし歯を取り残す可能性も上がります。治療用顕微鏡を用いたむし歯治療では、高倍率で視ることにより、むし歯の取り残しを減少させることが可能です。

③通常1回で詰め終わる

型採りで作る詰め物は、最低でも《型取り・完成》と2回の治療回数が必要ですが、コンポジットレジン充填は通常1回で詰め終わります。

但し、むし歯の大きさや咬み合わせによってはコンポジットレジン充填が適さないことがあります。ケースバイケースで選択することをお勧めします。

④詰め物が目立たない

コンポジットレジンは、詰め物が歯の色に近い色をしています。型採りの金属による詰め物と違って、詰め物を目立たなくすることができます。また、歯や歯肉に金属の色が沈着することもありません。

型採りの詰め物にも歯の色に近い色の詰め物もあるのですが、治療用顕微鏡を用いたとしても、コンポジットレジン充填よりその精度は劣ります。

⑤金属アレルギーを起こさない

コンポジットレジンは、有機質(レジン)と無機質(ガラス)から成る複合材料なので、金属アレルギーを起こしません。昨今、お口の中に入れた金属製の詰め物や被せ物によるアレルギーがニュースなどで多く取り上げられるようになりましたので、気になる方も多いと思います。

現在のコンポジットレジンは耐摩耗性が昔に比べて大きく向上し、また接着材の接着力も向上しているため、咬合力が強くかかる奥歯にも広く用いられるようになってきています。

前歯の詰め物の下で、むし歯は再発していたケースを動画に収めました。よかったらご覧ください。

まとめ

コンポジットレジン充填は、歯科医師がダイレクトに詰める方法です。治療用顕微鏡を使用することにより、コンポジットレジンの良いところを最大限に上げることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。