歯周病 歯を抜く原因の50%近くを占める病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯周病は歯を抜歯する原因のナンバーワンです。

歯周病による抜歯は40代前半から増え始め、60代近辺でピークを迎えます。60代近辺では歯周病が、実に歯を抜く原因の50%以上を占めます。

40歳からの歯周病ケアが上手くいけば、抜歯で歯を失う確率が下がるのです。

歯周病は、歯の支えが悪くなる病気です。具体的には歯を支える歯槽骨が溶けてなくなってしまい、歯をしっかり支えられなくなって、歯がグラグラになって上手く噛めなくなり抜歯になってしまうのです。

歯周病の主な原因と修飾因子 8つ

ここでは歯周病の主な原因と、それにまつわる修飾因子についてお話をしていきたいと思います。

① 歯垢

お口の中には500種類程度の細菌がいると言われています。これらの細菌がお口の中で繁殖した塊を歯垢と言います。その歯垢の中の歯周病菌が歯周病を進行させる毒素を出してきます。

② 歯石

歯の周りに付いてくる歯石は、表面がザラザラしています。ザラザラの歯石の表面は歯周病菌が付着して繁殖するには最適の場所であり、歯垢が増えやすく、また歯ブラシで歯垢を落としにくいのです。

③ 歯ぎしり

昼間の歯ぎしりと就寝時の歯ぎしりがあります。歯ぎしりは歯周病組織に慢性的な負担をかけ、歯周病の進行を加速させます。歯ぎしりする人の6割以上が歯周病を併発していると言われています。

④ 喫煙

タバコの煙の中には数千種類の化学物質が含まれ、毛細血管の収縮作用により血流を減少させ、歯周組織への酸素供給の低下を起こします。それによって体の免疫能を低下させ、歯周組織の抵抗性や治療の成功率を低下させます。

⑤ 糖尿病などの全身疾患

歯周病は糖尿病の合併症の一つとして考えられています。糖尿病があると、そうでない人に比べて2倍歯周病にかかりやすいと言われています。糖尿病が体の歯周病菌に対する抵抗力を低下させ、歯周組織の破壊が進みやすくなるからです。

⑥ 生活習慣とストレス

生活リズムが乱れたりストレスがかかると、歯ブラシなどの口腔清掃がおろそかになり、歯垢が増えてしまうことが考えられます。また、ストレスは口腔乾燥を引き起こし、歯周病菌に対する膵液の抗菌作用や自浄作用を低下させます。

⑦ 歯並びと咬み合わせ

歯並びが悪いと歯ブラシが上手くいかずに、歯の周りに歯垢が多く残存してしまい、歯周病が起きやすくなります。また、咬み合わせが悪く、上下の歯が強く当たっている歯も歯周組織に負担がかかり、歯周病が進行しやすくなります。

⑧ 不適合な詰め物や被せ物が歯に入っている

歯と詰め物や被せ物との繋ぎ目が隙間なくピッタリ合っている状態を「適合が良い」と言います。逆に、歯と詰め物や被せ物との繋ぎ目に隙間があったり段差がある状態を「適合が悪い」と言います。「適合が悪い」と繋ぎ目に歯垢が溜まり、歯ブラシやデンタルフロスでも歯垢が上手く落ちずに歯周病や虫歯の原因となります。

歯周病は、大きな症状もなく静かに進んできます。歯周病が重病化する前に発見し、的確な治療を受けられることをお勧めします。

マイクロスコープを使用して歯石除去をしている動画です。

よかったらご覧ください。

まとめ

最新の歯周病治療にマイクロスコープを使用した歯周病治療があります。お口の中はただでさえ暗いのですが、マイクロスコープを使うと暗いお口の中を明るく照らし、拡大視することにより、状況を的確に把握・診断・治療することができます。

お口の中の清掃状況や歯石の取り残しもよくわかり、治療の成功率も上がるのです。また、マイクロスコープにはカメラが付属しており、診査もしくは治療中の画像を録画し、治療後にモニターに再生して歯周組織の状況や治療についてわかりやすく説明を受けることも可能です。

40歳からの歯周病のケアをして、歯周病を予防していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。