歯間ブラシを使うときの5つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎日行うブラッシング。上手く歯垢を落とせているか不安ですよね。歯医者さんに検診に行くたびに新たなムシ歯が見つかり、また治療の繰り返し・・・。最後には歯がなくなってしまいます。

 

ムシ歯や歯周病の予防には、日々のセルフケアが何より重要です。ただし、歯ブラシでは歯垢を落としにくい場所があります。

 

それは、歯と歯の間です。

 

歯垢は歯ブラシの毛が当たって初めて落ちるのですが、歯ブラシの毛は歯と歯の間には届かず、そこに歯垢が残ってしまうのです。要は、歯ブラシで落としきれなかった歯と歯の間に残る歯垢が元でムシ歯や歯周病が起こってきやすいのです。

歯と歯の間の歯垢を落とす方法

では、歯と歯の間の歯垢はどのように落とせばよいのでしょうか。

 

歯と歯の間の歯垢を落とすための専用の道具を使います。それは、デンタルフロスと歯間ブラシです。デンタルフロスの使い方に関しては、以前のブログをご覧いただきたいと思います。ここでは、歯間ブラシの使い方についてお話ししたいと思います。

 

歯間ブラシはその名の通り、歯と歯の間の歯垢を落とす専用のブラシです。

ブラシ01

このように歯と歯の間にブラシを挿入して歯垢を落とします。

 

歯間ブラシを使うにあたっての注意点

ブラシ02

①歯と歯の間の歯肉が痩せてきている場所に使う清掃器具

歯間ブラシは、歯と歯の間の歯肉が痩せてきている場所に使う清掃器具です。歯と歯の間の歯肉が、まだ落ちていない場所に使うと、歯肉が傷ついて痩せていってしまうかもしれません。

場合によってはデンタルフロスを使って清掃したほうがよいこともあるので、歯間ブラシを使うべきかは、歯科医師の指示を仰いでください。

②痩せ具合に合わせて太さを選択する

歯間ブラシは、歯と歯の間の歯肉の痩せ具合に合わせて太さを選択します。すき間が大きいところに細い歯間ブラシを通しても、歯間ブラシの毛が歯垢に当たらずに歯垢が残ってしまいます。

逆に歯肉があまり痩せていない、すき間の狭いところに太い歯間ブラシを入れようとすると、歯間ブラシが入らないか、歯肉を傷つけてしまう可能性があります。個々の歯と歯の間に、どのブラシが適正なのか、やはり歯科医師の指示を仰いでください。

③5往復くらい

歯間ブラシを歯と歯の間に通す回数は、歯垢の硬さにもよりますが、通常は5往復くらいです。回数が少ないと十分に歯垢が落ちていなかったり、回数が多すぎると歯肉を傷つけることもありますので注意が必要です。

④毛の硬さに注意

歯間ブラシにもブラシの毛の硬さがあります。毛の硬さが硬いと歯垢がよく落ちるのですが、歯肉は傷つきやすくなります。歯垢や歯肉の硬さ、歯肉の炎症の状態などによってブラシの毛の硬さを選択すべきですので、歯科医師の指示を仰ぐことをお勧めします。

⑤歯間ブラシを挿入する角度

歯と歯の間の歯肉が痩せてくると、歯間ブラシを歯と歯の間に通しても、歯間ブラシの毛が十分に歯垢に当たってこない場所が出てきます。その場合には下のように歯間ブラシを挿入する角度を変えて、ブラシの毛を歯垢に当てていきます。

ブラシ03

 

ブラシ04

難しいテクニックですので、どのくらいの角度で歯と歯の間に挿入していくかは、やはり歯科医師の指導を受けるべきです。

まとめ

歯間ブラシはぜひ使っていただきたい清掃器具のひとつですが、使い方によっては歯茎を傷つけたり歯肉が落ちたりと逆効果になってしまうこともあります。うまくフィットしていない詰め物や被せ物のつなぎ目には歯垢がたまりやすいのですが、そこにたまった歯垢は歯間ブラシではうまく落とせないことが多いです。

フィットの良い詰め物や被せ物に入れ直してから、歯間ブラシをすると歯が長持ちします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。