当医院の特徴

川崎市武蔵小杉|岡野歯科医院

医院紹介動画

理念

当医院は常に患者さんに最適な歯科医療を提供するために、治療工程のほとんど全てにマイクロスコープ(歯科治療用顕微鏡)を使用し、皆様の生涯にわたる口腔内の健康と生活の質の向上をお手伝いいたします。

顕微鏡治療とは

お口の中は暗く狭く、実際、肉眼での虫歯・歯周病の治療は困難をきわめます。

なぜかと言うと肉眼では患部の状態が、よく見えないからです。 ルーペを使用してもその倍率は2~5倍と低く、その点マイクロスコープは30倍まで拡大することができ、虫歯や歯周病の状態を確実に把握することができます。

マイクロスコープを使用することにより、今まで肉眼では見えなかった虫歯の取り残しや歯周病の原因となる歯石の取り残し、根管の内部、不適合な詰め物が見えるようになり、虫歯や歯周病の再発を防ぐことのできるハイレベルな治療を提供することが可能になりました。

また、当医院では患者さんに最良の治療を提供するために、治療は全て自由診療で行っております。  

CTとマイクロスコープを組み合わせた最新根管治療     

根管(歯の神経の通り道)は、歯根の中で複雑に枝分かれしたり、色々な方向へ湾曲していたり、石灰沈着により根管がマイクロスコープで見ても見えないくらい細く、または石灰沈着により完全に塞がっていたり、根管治療は困難を極めることが多いのです。

レントゲン写真では、正しい根管の形態や病巣の有無ですら判断するのは難しく、立体的に歯根や根管の形態、根尖病巣の有無や大きさを精確に判定するには、もはやCT無しには不可能と言っても過言ではありません。武蔵小杉の岡野歯科医院では、すべての根管治療(歯の神経の治療)に最新のCTを導入し、根管治療の成功率を高めています。

下は、CT画像です。レントゲンは一方向から写すので、被写体が重なって見えにくくなってしまうことも多いのですが、CTは一つの歯の更に一部を三方向から詳しく診ることが可能です。重なった画像にならないので、より正しく精確な情報を得ることができます。

赤い矢印の先に見える黒い影が根尖病巣です。青い矢印の先に見える白い像は、上から見た歯の神経の通り道の蓋です。神経の通り道が三本あるのがわかります。

newcta

自由診療について

武蔵小杉 岡野歯科医院の治療は、すべて自由診療です。それには理由があります。

根管治療、詰め物治療、被せ物治療、歯周病資料、予防など、提供できる施術を世界標準に近づけたい、最適で安全な治療材料や薬剤を使いたい、患者さんが少しでも予防しやすい環境づくりをしたい、そう思いながら、30年近くかけて自分の診療スタイルを改善してきました。

以前は、むし歯や歯周病が予防できればと思い、数ヶ月に一回のクリーニングを行ってきましたが、むし歯や歯周病が再発し上手く予防ができませんでした。クリーニングを歯科医院で定期的に受けているのに、むし歯や歯周病になってしまった。という方も多いと思います。

そんな中で、マイクロスコープを使って治療を始めたところ、再発の原因が、見えていないためのむし歯の取り残しや、不適合な詰め物や被せ物などの不完全な治療と、不適切な口腔衛生指導にある、と実感しました。

しかし、お口の中は皆さんが想像する以上に過酷な環境です。マイクロスコープもCTも、より良い治療結果を導くために導入したツールの一つに過ぎないのですが、最新の機器を駆使し、毎回の治療を必死でやり、自分の持っている技術を出し切って、やっと何とか維持ができる治療になるのです。

お口の中は厳しい環境だけに、保険では使えないベストな材料とベストな機材で、自分の家族にも施したいと思うようなベストな治療を患者さんにも提供したい、がための自由診療なのです。

顕微鏡治療は、倍率の高さが命です。武蔵小杉 岡野歯科医院の顕微鏡治療は、治療の工程の50%以上を最大倍率で見続けながら治療します。治療中の動画を治療後に必ずモニターでお見せして説明していますので、顕微鏡治療の最大のメリットである高倍率で治療していることを、確認していただけます。

院長紹介

川崎生まれの川崎育ち。祖父、父と三代目の歯科医です。 現在の趣味は、音楽鑑賞と顕微鏡治療です。

略歴

昭和大学歯学部卒
日本歯内療法学会会員
日本顕微鏡歯科学会会員
日本顕微鏡歯科学会認定医
顕微鏡歯科ネットワークジャパン認定v-Super Dentist