【虫歯再発の転帰】再発してしまったら歯はどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

むし歯治療で詰め物や被せ物をしてひと安心と思われている方も多いのではないでしょうか。

しかし、詰め物や被せ物をした後は要注意!実は、詰め物や被せ物をした後、高頻度でむし歯が再発してくるのです。特に「歯と詰め物や被せ物との繋ぎ目」に隙間があったり段差があると更にむし歯の再発率はさらに上がります。

フロスが引っかかって、すぐに入れてしまう場合は、詰め物・被せ物と歯の間に隙間があるかもしれませんね。

実は歯科医は、ほぼ毎日のように再発したむし歯治療のやり直しをしているのです。「むし歯が再発したら、また治療すれば元通りになるんだから、そんなに心配しなくていい」そう思いがちですが、しかし!

むし歯の再発は、むし歯の治療でもう既に歯が削られてしまっているので、詰め物や被せ物をする前のむし歯の状態より更に大きくなってしまうのです。(再発するたびにどんどん自分の歯がなくなってしまうということです。)

むし歯が再発するとどうなるのか?

いずれも、もう既にむし歯で歯が削られてしまっていることがネックとなります。

shinkei-ari01

歯の神経が残っている場合は、むし歯が詰め物や被せ物に下で広がり、歯の神経に近づきやすく、それがもとで歯がなくなったり、歯の神経に細菌が感染して、神経が腐敗したりします。いずれも歯の神経の治療が必要となります。

shinkei-nashi

歯の神経が抜かれてない(歯の神経の治療を既にされている)場合、むし歯が再発し、進行してきても痛みが出にくいので、むし歯が再発しているのに気が付きにくく、重症化することも多いです。

ばい菌が歯の神経を抜いて、封鎖した神経の通り道に入り込むこともあり、歯の根の周りの歯茎が膿んでくることもあります。

さらにむし歯が進行すると、歯の根がむし歯で大きく溶けてしまい、詰め物や被せ物がもうできなくなってしまいます。そうなると、抜歯するしかありません。

むし歯は、残念ながら進行することはあっても自然に元に戻ることはありません。人の手を入れて必ず治すのですが、不完全な詰め物や被せ物が入ると逆効果になってしまうこともあるのです。歯の神経の治療も日本での成功率は低く、再治療を繰り返しても治らずに抜歯に至ることも多いようです。

まとめ

現在、顕微鏡歯科治療という精度の高い歯科治療があります。顕微鏡歯科治療では、暗いお口の中を明るく照らし大きく拡大視しながら治療するため「歯と詰め物や被せ物との繋ぎ目」を隙間や段差無くピッタリ合わせて、むし歯菌を溜まりにくくして、むし歯の再発を防いだり、狭く暗い歯の神経の通り道もくっきり見えるので、歯の神経の治療も大幅に成功率を上げることができます。

詰め物や被せ物、歯の神経の治療をされている方は、ぜひ信頼できる顕微鏡歯科医に一度チェックされることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。