コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填とは、むし歯治療の中の一つで、樹脂(プラスチック)を使って詰め物をする方法を言います。樹脂を歯にダイレクトに接着材で詰める方法で、むし歯の治療では非常にポピュラーで且つ、無ければならない治療法となっています。

コンポジットレジン充填 5つのメリット

今回はこのコンポジットレジン充填について、そのメリットを5つご紹介していきたいと思います。

①隙間なくピッタリ詰めることができる

コンポジットレジン充填は、上手く詰めれば、型採りの詰め物や被せ物に比べて、最も隙間なくピッタリと詰めることのできるむし歯の治療方法です。

歯に詰め物や被せ物が入るとむし歯になりにくくなると思われる方が多いかと思いますが、逆にむし歯のリスクが上がる可能性があることをご存知でしょうか。

歯と詰め物との繋ぎ目には、むし歯菌が溜まりやすく、高頻度でむし歯が再発してしまうのです。歯に詰め物が隙間なくピッタリと詰め物ができると、歯との繋ぎ目に溜まるむし歯菌が溜まりにくくなり、むし歯の再発を最小限にできます。

詰め物の精度は術者によって変わりますが、一般的に肉眼よりも拡大鏡、拡大鏡よりも治療用顕微鏡というふうに、拡大倍率が上がれば上がるほど精度も向上し、むし歯が再発しにくい詰め物ができます。

続きを読む