詰め物や被せ物が外れてしまったことはありませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

詰め物や被せ物が外れても、外れた詰め物を付け直せばいい、もしくは何度でも詰め直せばいいと思っていませんか?

実は、詰め物や被せ物が外れる原因は、むし歯の再発によることが多いのです。外れた時にはむし歯が重症化していることが多く、再発を繰り返していくたびにどんどん歯がなくなり、さらに神経を抜かれ、いずれは抜歯となる転帰をたどります。

むし歯の再発は、詰め物や被せ物との繋ぎ目が不適合だと、清掃器具が繋ぎ目の溜まった歯垢に当たらないため、そこにむし歯菌が溜まりやすく、歯ブラシやフロス、歯科医院でのクリーニングでも落ちないので、むし歯が高頻度で再発してきます。

不適合には3種類あります

詰め物や被せ物と歯との繋ぎ目に隙間がある。

tooth_05

詰め物や被せ物と歯との繋ぎ目が、歯より外側に飛び出している。

tooth_11

詰め物や被せ物と歯との繋ぎ目が、歯より引っ込んでいることにより段差がある。

tooth_17

以上の3パターンにより、繋ぎ目にむし歯菌が溜まるのです。

その歯の寿命を左右する肝心かなめの適合がどうなっているかは本人にわかりづらく、気づかないままむし歯が進行してきていることが多いです。ご自身でフロスをかけた時に引っかかる時は要注意です。

まとめ

当医院が専門とする顕微鏡治療では、精密にお口の状態を確認できるため不適合を見逃しません。また、むし歯治療においてもむし歯のみを削るので、歯を削る範囲も最小にすることも可能です。

顕微鏡治療では、再発したむし歯の早期発見と再発を防ぐ最適な治療を行うことができます。その結果、歯の寿命を延ばすことにつなげることができるのです。

是非、信頼できる顕微鏡歯科医院で不適合のチェックをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。